■概要

源泉徴収票データを登録したい場合について、ご案内いたします。


社員別の源泉徴収票データは、年度ごと・支払の種別ごとの「源泉徴収票データ」に登録します。

例えば、2019年分の給与・賞与の「源泉徴収票データ」を作成し、ここに社員別の源泉徴収票データを登録すると、

出来上がった源泉徴収票の「年度」「種別」は、「源泉徴収票データ」の設定が反映されます。


登録作業が可能なのは人事権限者です。


  1. 当年度の源泉徴収票データを登録する
  2. 源泉徴収票の内容を登録する





■操作詳細



1.当年度の源泉徴収票データを登録する


社員別の源泉徴収票の内容をご登録いただく前に、「源泉徴収票データ」が必要となります。


※既に作成済みの「源泉徴収票データ」に社員別のデータを登録したい場合は、この手順を省いてください。


① 人事権限のある方がログインし、
  [処理]タブ>給与管理>源泉徴収票データの登録 を開いてください。


② [源泉徴収票データの登録] 画面にて「新規」をクリックしてください。



③ 源泉徴収票データを編集し、画面最下部の「登録」ボタンを押してください。


必須項目は下記4点です。

  • 源泉徴収票名 …管理用ですので、実際の源泉徴収票には反映されません。わかりやすい名前をご入力ください。
  • 年度 …実際の源泉徴収票のタイトル部分に表示される年度です。
  • 支払の種別 …実際の源泉徴収票の「種別」という項目に反映されます。
  • 閲覧開始日 …社員の方々の閲覧開始日を設定してください。



【コラム】
「メール通知」の時刻につきましては、給与明細の通知時刻と同じとなります。





2.源泉徴収票の内容を登録する


① システム利用権限で人事権限のある方、もしくは承認者の方がログインし、
  [処理]タブ>給与管理>源泉徴収票データのアップロード を開いてください。


② [源泉徴収票のアップロード] 画面にて、
  「アップロード用のCSVファイルをダウンロードする」をクリックし、
  CSVファイルをPCに保存してください。



③ ダウンロードしたCSVファイルに源泉徴収票の内容を社員別に入力し、保存してください。


社員の方一名につき、一行となります。


必須項目は以下の通りです。

  • 社員番号
  • 社員名
  • 社員郵便番号
  • 社員住所 1
  • 社員住所 2
  • 会社名称
  • 会社郵便番号
  • 会社住所
  • 代表電話番号


<ご注意>
1)列を入れ替えたり、列を削除されないようご注意ください。

2)「居住開始年月日」は、2019年4月1日の場合「20190401」というようにご入力ください。
 


④ 登録したい「源泉徴収票データ」を、「対象」という項目のプルダウンから選択し、
  「ファイル選択」から編集後のCSVをお選びください。
  その後、「アップロード」ボタンを押します。



⑤ [アップロード情報の確認]画面が表示されます。
  エラーや警告がない場合は、「更新」ボタンを押していただくと、登録が完了いたします。



<ご注意>
警告がある場合
 警告内容をご確認いただき、問題ないようでしたら「更新」ボタンを押してください。
 例として、「社員マスタの情報と異なる」といったメッセージが表示された場合、
 これを無視して「更新」いたしますと、アップロードしたCSVの内容が源泉徴収票に反映されます。

エラーがある場合
 エラーメッセージをご確認の上、CSVファイルを修正してください。
 不明な点がございましたら、MINAGINEヘルプデスクまでお問い合わせください。



アップロード後は、下記のような画面が表示されます。




■関連FAQ

源泉徴収票を利用したい

登録した源泉徴収票データを確認したい

源泉徴収票を社員にメールで一斉通知したい