◉承認フロー


MINAGINE就業管理では、時間外勤務の申請で、振替出勤の申請をすることができます。


振替出勤の申請では、

「a) あらかじめ振替休日の取得日が決まっている場合」(以下、Aパターン) 

「b) 申請の時点ではいつ振替休日を取得できるかが決まっていない場合」(以下、Bパターン)

とで、二通りのフローがあります。


※ a) b) いずれかは利用できないよう、設定することも可能です。


1.

振替出勤の申請と同時に振替休日の日付を指定して申請をすることが可能です。

承認者(上長)により振替出勤が承認された段階で、振替休日も承認されます。


①申請者が、[時間外勤務の申請]画面より、振替出勤及び振替休日を同申請内に指定して申請

②承認者が、[時間外勤務の承認]画面より、①の申請を承認した段階で、振替出勤及び振替休日が同時に承認

2.

振替出勤の申請では、振替休日の取得日までは指定せず申請することが可能です。

この場合、承認者により振替出勤が承認されれば[休暇の申請]画面より後から日付を指定して振替休日を申請できます。


①[時間外勤務の申請]画面、振替出勤を申請

②承認者が[時間外勤務の承認]画面より①の申請を承認すると振替出勤が承認され、申請者へ振替休日が付与

③申請者は[休暇の申請]画面より振替休日を申請可能



◉マスタ設定(種別)


振替休日も、有給休暇と同様に、まず休暇の種別を登録します。


【設定】

[休暇の種別]画面で登録します。

登録時は、

・振替休日であること

・申請時の上限・下限時間数

・有効期限

等を設定します。


①[新規] ボタンをクリックして登録画面を表示します。




②「この休暇を振休にする」 にチェックを付けます。

③申請時の下限や所定勤務となる上限を設定できます。

④期限を設定をします。




◉マスタ設定(制御)


1.

振替休日申請の制御も、有給休暇と同様に、[休暇・遅刻・早退申請の設定] 画面で設定します。


[休暇・遅刻・早退申請の設定]画面では、以下が設定できます。

・振替休日の利用可否

・休日のみ使えるか、平日も使えるか

・申請時に、振替休日の日付を指定させるか


振替休日の申請を「利用する」 にします。




2.

①休日出勤の場合にのみ振休が申請できるか、平日残業の場合にも申請できるようにするかを設定

②時間外申請の際に振休の取得日の指定を必須とするか、時間外申請の際は指定せず後から休暇申請するかを設定

③振替休日の振替が出来るようにするかを設定



[時間外・直行直帰・出張申請の設定] 画面では、「振替出勤の申請時に規定の時間数以上とする」という制御ができます。


【例】

x時間以上の申請でないと、振替出勤が申請できない様にする





◉付与


振替休日は、休日出勤(振替出勤)が承認されると、付与されます。

ただし、画面から手動付与を行うことは可能です。


画面から付与する場合は、[有給休暇の一括付与]画面を利用します。


①休暇種別・付与日・付与日数を入力します。

②休暇を付与する対象者にチェックを付け、[登録]ボタンを押します。



2.

付与した振替休日は、[有給休暇・振替休日の管理]画面で、変更・削除できます。


使用日数が0日の場合は、「削除」ボタンより付与した休暇を削除することができます。

一覧の行をクリックすると、付与した振替休日の情報を変更することもできます。




◉手当化


1.

未取得の振替休日を、手当化することができます。

手当化すると、その振休は利用できなくなり、「手当化済時間数」として計上されます。

手当化機能は、[休暇・遅刻・早退申請の設定]画面で設定します。

登録時は、

・利用の可否

・手当化した際に計上する時間数(振出時間or振休時間)

・手当化として計上する日を、ラベルによる選択式にするか

等を設定します。



2.

振替休日の手当化を「利用する」 にします。


手当化の計上日を指定させる場合は、ラベルを利用します。

(「新規」ボタンを押して作成します)



3.

計上した手当化済時間数は、タイムカード締め後の [タイムカード計上] 画面に表示されます。 

「振休手当済時間数」という項目に計上します。


また、[勤怠データ出力(自由定義)] 画面から、データ出力も可能です。 


◉タイムカードでの見え方


振替休日の申請は、タイムカード画面では、勤務ステータスが「振」と表示されます。

申請後は、有給休暇と同様に、時刻・時間数が入力不可になります。