◉概要


1.MINAGINEでは、対象の社員へ、メールで、もしくはホーム画面でアラート通知ができます。

  [アラートの設定]画面より5種類のアラートが設定できます。


①[勤務時間]登録チェック

出勤予定日の勤務開始・終了時刻が未入力の場合にアラート表示

②[勤務時間]承認チェック

タイムカード承認が完了していない場合にアラート表示





③[勤務時間]残業超過チェック

タイムカードの「通常残業時間数」を判定、規定時間超過の場合にアラート表示

集計期間は「月の開始日~アラートタイミング」で、月合計時間で判断

④[時間外申請]申請チェック

出勤予定時間を超過し、時間外勤務申請がされていない場合にアラート表示

⑤[有給休暇・振替休日]有効期限チェック

有給休暇・振替休日の有効期限が近い場合にアラート表示





◉[勤務時間]登録チェック


1.

出勤予定日の勤務開始時刻・終了時刻の登録状態が未入力の場合にアラートを表示します。

「本人」「部署の責任者」「本人と部署の責任者」へアラートすることが可能です。

(「毎日」「前日分」のタイムカードをチェックしてアラートを送信する設定とされることが多いです。)


A:アラートのタイトルやメッセージ内容も変更可能




2.

B:アラート先が設定可能

C:未入力チェックをする対象の日の詳細を設定可能




◉[勤務時間]承認チェック


タイムカード承認状態を判定して、承認が完了していない場合に「部署の責任者」へアラートアラートを表示します。

 (設定される場合、「毎月」、「締め日から3~4日後」に過去1ヶ月のタイムカードをチェックしてアラートを送信する設定とされることが多いです。)


A:[メール送信]にチェックを付けると、メールでのアラート通知が可能となります

B:アラートタイミングやチェックの対象期間が設定可能です




◉[勤務時間]残業超過チェック


1.

月のタイムカード上の「通常残業時間数」より、規定の残業時間数を超過した場合に「本人」「部署の責任者」「本人と部署の責任者」へアラートを表示します。

集計期間は[タイムカード(会社)の設定]画面の「月の開始日」から「アラートタイミング」までです。

※タイムカード上の「通常残業時間数」で判定する為、法定休日出勤時間も含まれます。



2.

【アラートタイミング】

・「毎日」もしくは「毎月の中頃」に設定を推奨 

・また、段階的に超過アラートを複数設定すると効果的 


【規定の残業時間数】

・規定の残業時間超過時にアラートが出るよう設定可能 

※36協定の労働時間を超過する前に設定する事を推奨しております。



◉[時間外申請]申請チェック


出勤予定の時間より働いているが、時間外勤務の申請がされていない場合に本人へアラートを表示します。

(「毎日」、「前日分」のタイムカードをチェックしてアラートを送信する設定とされる事が多いです)


A:[社員マスタ]の職種に応じて、アラート対象となる社員を制御できます。

B:チェック対象とする残業の種類をすべて・平日残業・早出残業・休日出勤から設定できます。




◉[有給休暇・振替休日]有効期限チェック


有給休暇・振替休日の有効期限が近い場合にアラートを表示します。

「本人」へアラートすることが可能です。

※設定される場合、「有効期限の30日前」にアラートを送信する設定とされることが多いです。


[チェック期間]項目では、有効期限の何日前から「配信開始」するか設定します。