◆はじめに


東京オリンピック・パラリンピックや新型コロナウィルス対策で、

注目されている勤務パターンの1つに時差勤務やテレワークがあります。


弊社の就業管理システムでは、それに対応する勤務パターンとして

『ミニフレックスタイム制 ※』いう機能があります。

※弊社システム独自の造語となります。


「ミニフレックスタイム制」とは、

簡単に言ってしまえば、時差勤務に対応したもので

別名「出勤時間フレキシブル制度」になります。


以下に概要や使い方について記載しています。




◆1.機能概要


基準時間を設定することで、

(フレックスのコアタイム開始時刻に相当する)

基準時間までに出社した場合は遅刻とはなりません。

また勤務開始時刻を出勤予定時刻として計算することが可能となります。


まさに時差出勤制度そのものになります。




◆2.設定内容


①社員マスタの就業形態を「ミニフレックス制度」とする




②タイムカード設定を行う

画面場所:設定>就業管理>タイムカードマスタ>タイムカードの設定(会社・部署)






◆3.タイムカードへの反映例


〇ミニフレックス制ではない場合

出勤予定が「9時~18時」で

勤務を「10時~20時」した場合



遅刻時間→1時間(9時~10時)

残業時間→2時間(18時~20時)





〇ミニフレックス制を利用した場合 

【設定】「1000」までは遅刻としない



(例①) 勤務実績「10時~20時」


勤務時間が登録されている状態で「簡易計算して更新」を押すと

出勤予定が「9時~18時」→「10時~19時」へと自動でスライド

遅刻時間→なし(10時までは遅刻とみなさない)

残業時間→1時間(19時~20時)




(例②) 勤務実績「10時半~20時」


勤務時間が登録されている状態で「簡易計算して更新」を押すと

出勤予定が「9時~18時」→「10時~19時」へと自動でスライド


※丸めの設定で「10時」までは遅刻としないと設定しているため「10時半~19時半」に出勤予定変更は行われません。

遅刻時間→30分(10時~10時半)

残業時間→1時間(19時~20時)




◆4.改善による効果


①出勤予定を変更する操作は上長以上の権限となりますが

「ミニフレックス」の設定をするとシステムで出勤予定を柔軟に変更が行われるため、

 出勤予定変更に伴うマネージャの負荷を削減することができます。


②「固定勤務制」と「ミニフレックス制」の差異が

 特定の時間まで遅刻扱いとしない点のみとなりますので。

 コアタイムフレックスを導入するより、業務的な運用負荷は軽いと考えます。





説明は以上となります。

ご不明点等ございましたら下記メールアドレスへお気軽にお問い合わせくださいませ。

アドレス:kintai-help@minagine.co.jp