手当対象の有無を確認するために「出社」や「リモート勤務」等、特定事項の回数をカウントしたい場合、

タイムカード入力画面またはタイムカード承認画面にマーキングできる、

「ラベル」または「タグ」を活用いただくことで、勤怠データ出力(自由定義) で回数を出力することが可能です。


本ページではタイムカードに登録したラベルの個数を勤怠データ出力(自由定義)に項目追加する方法をご案内します。

(※タグのカウント方法はこちらをご参照ください)


■目次 

  1. ラベル機能とタグ機能の違い
  2. ラベル機能の設定方法
  3. 勤怠データ出力項目への追加方法
  4. 勤怠データ出力(自由定義)への項目追加方法
  5. カウント結果の確認方法 ※タイムカード承認、締め完了後に確認可能です

■編集可能ユーザー:人事権限者 


■作業ページ

・タイムカードのラベル(設定タブ>就業管理>タイムカードのラベル

・勤怠データ出力項目の追加(設定タブ>就業管理>勤怠データ出力マスタ>勤怠データ出力項目の追加

・勤怠データ出力レイアウトの設定(設定タブ>就業管理>勤怠データ出力マスタ>勤怠データ出力レイアウトの設定 

・勤怠データ出力(自由定義)(処理タブ>就業管理>締め・計上>勤怠データ出力(自由定義)


■設定の説明動画


1.ラベル機能とタグ機能の違い


ラベル機能とタグ機能ではタイムカード画面上でカウントしたい項目を選択し、

勤怠データ出力ファイルでカウント結果を確認することができますが、

使用方法や設定の制限に違いが下記の通りあります。


項目ラベルタグ
選択権限社員:可能
上長:不可
設定により
社員のみ可能/上長のみ可能/両者とも可能
文字数2文字100文字まで
※表示制限文字数を超えると…と略化されます
※表示制限文字数の変更(調整)は非対応です
選択個数1日に1個のみ複数選択可能
選択方法プルダウンチェックボックス
色付け黒のみ黒/赤/青
集計可能可能



<ラベル機能>


<タグ機能>


2.ラベル機能の設定方法


設定タブ>就業管理>タイムカードのラベル を開きます


⑤「新規」をクリックします


⑥下記項目を入力し、「登録」をクリックします

・ラベルコード:任意の数字を入力します

・ラベル名:任意の名前を入力します



⑦下記画面が表示されれば、登録完了です



3.勤怠データ出力への項目方法

勤怠データ出力項目の追加とは、勤怠データ出力レイアウトの設定画面にある「使用できる項目」に

出力したい任意の項目を追加できるカスタマイズ機能です。


設定タブ>就業管理>勤怠データ出力マスタ>勤怠データ出力項目の追加をクリックします


②「新規」をクリックします


③下記項目を入力し、「登録」をクリックします

・データ種:「タイムカードラベルカウント」を選択


・データ項目コード:任意の数字を入力します

・データ項目名:任意の名前を入力します(わかりやすいように「ラベルカウント(ラベル名)」を推奨しています)

・対象となるラベル:カウントしたいラベルを選択します


④下記画面のように表示されれば完了です



4.勤怠データ出力(自由定義)への項目追加

設定タブ>就業管理>勤怠データ出力マスタ>勤怠データ出力レイアウトの設定 より

 カウントする項目を追加したいレイアウトを開きます

②出力項目の「項目追加」をクリックします


③下記の通り入力し、「更新」をクリックします

・データ項目:「使用できるデータ項目」より「3.勤怠データ出力項目への追加方法」で作成した項目を選択します

・出力項目名:任意の名前を入力します

・列ヘッダー名:出力項目名と同じ名前を入力します

※そのほかの項目は必要に応じて変更します


5.カウント結果の確認方法


処理タブ>就業管理>締め・計上>勤怠データ出力(自由定義) を開き、勤怠データを出力します

・対象期間:算出したい期間を指定します

・出力レイアウト:「4.勤怠データ出力(自由定義)への項目追加方法」で設定した出力レイアウトを選択します

・部署:全社員分の場合は変更不要です