MINAGINE就業管理では、時間外勤務の申請で、振替出勤の申請をします。

振替出勤の申請では、

【A】あらかじめ振替休日の取得日が決まっている場合

【B】申請の時点ではいつ振替休日を取得できるかが決まっていない場合

の二通りのフローがあります。


※ 会社の設定により、いずれかは、ご利用いただいけない場合もございます。



【申請フロー】


【A】あらかじめ振替休日の取得日が決まっている場合

振替出勤の申請と同時に振替休日の日付を指定して申請をすることが可能です。承認者により振替出勤が承認された段階で振替休日も承認されます。



①申請者が[時間外勤務の申請] 画面より、振替出勤及び振替休日を同申請内に指定して申請します。

②承認者が[時間外勤務の承認]画面より①の申請を承認した段階で、振替出勤及び振替休日が同時に承認されます。



[振替出勤/振替休日の申請]


振替出勤及び振替休日は、[時間外勤務の申請] 画面で同時に申請します。


「この申請を 振替出勤 として申請する」 にチェックを付け、「振替休日の取得日」を指定して申請することで、振替出勤の申請となります。





振替出勤が承認されると、振出/振休の両日が「承認」となります。



[振休の取得日を修正する]


申請した振替休日の取得日を修正する場合は、[時間外勤務の申請] 画面より修正します。

振替出勤の申請を上長に「未承認」又は「修正依頼」に変更していただき、再申請して下さい。

 ※ [休暇の申請] 画面からは修正できません。



[振替休日の取得日] を修正し、再申請を行います。







【B】申請の時点ではいつ振替休日を取得できるかが決まっていない場合


振替出勤の申請では、振替日を指定せず申請する事が可能です。承認者により振替出勤が承認されれば[休暇の申請]画面より振替休日申請ができます。




①[時間外勤務の申請]画面で振替出勤を申請

②承認者が[時間外勤務の承認]画面より①の申請を承認すると、振替出勤が承認され申請者へ振替休日が付与

③申請者は[休暇の申請]をする


[振替出勤の申請]


【A】と同じく、[時間外勤務の申請] 画面で申請しますが、

いつ振替休日を取得できるかが決まっていない場合は「この申請を 振替出勤 として申請する」にチェックを付けた上で、

[振替休日の取得日] に日付を入力せずに、「今は指定しない」 にチェックを付けて申請してください。






「今は指定しない」にチェックを付けて振替出勤を申請した場合、承認者が振替出勤の申請を承認すると、[休暇・欠勤の申請] 画面の [休暇残日数] に表示されます。





「今は指定しない」にチェックを付けて振替出勤を申請した場合、振替休日は、[休暇の申請] 画面で申請します。


承認者が振替休日を承認している場合は、[種別] に振替休日が表示されます。振替休日を選択して、申請ボタンを押すことで、振替休日が申請できます。






[振休の取得日を修正する]


申請した振替休日の取得日を修正する場合は、[休暇の申請] 画面より修正します。

振替出勤の申請を上長に「未承認」又は「修正依頼」に変更していただき、再申請して下さい。

 ※ [時間外勤務の申請] 画面からは修正できません。




[休暇開始日][休暇終了日] を修正し、再申請を行います。