◉はじめに


【承認者の皆さまに、MINAGINEでやっていただくこと】


MINAGINE 就業管理では、大きく以下の3つの操作をします。

①部下が出勤予定希望を登録⇒出勤予定を決定する

(毎月or毎週部下の出勤予定を作成します。自動作成も可能です。)

②部下が残業/休暇/直行直帰/出張/遅刻/早退を申請⇒部下の申請を承認する

③部下がタイムカードに打刻/入力する⇒毎日部下の勤怠を承認する



MINAGINE就業管理の勤怠は、以下のフローです。

承認ユーザーの方は、予定の作成と勤怠の承認をします。


①[毎週~毎月]部下の出勤予定を入力します(自動作成も可能です)

②[毎日]部下タイムカードをつけます

③[毎日]②の部下のタイムカードを承認します(承認したデータで給与を計算します)

④[月に一度]人事部が給与を計算します


◉パターンを設定する


MINAGINEでは、出勤予定をもとに時間外・遅刻早退・休日等を判断している為、出勤日には出勤予定の設定をしていただくことが必須となります。

固定勤務制の方の場合、システムからの自動作成が可能ですが、シフト制方の場合、上長(承認者) もしくは人事担当ユーザーがあらかじめ、各人の出勤予定の作成をしていただく必要があります。



最初に、[出勤予定の作成] 画面で使用する 「出勤予定パターン」 を登録しておきましょう。


承認ユーザーは、部署単位でパターンを登録できます。

[新規]ボタンを押します。





パターンを入力し、登録します。






◉出勤予定を作成する


出勤予定は、[出勤予定の作成] 画面より入力します。






ボタンを押すことで、登録した「出勤予定パターン」を適用して作成することができます。

「出勤予定パターン」を適用すると、予定の時間を一括コピーすることができます。





「適用して閉じる」ボタンを押します。






予定の時間が反映されました。




[出勤予定(決定)] 欄に反映された内容に問題が無ければ、「自動更新」のチェックボックスを外して、「更新」ボタンを押してください。






「自動更新」のチェックボックスにチェックが付いているのは、「今後システムより自動で出勤予定が作成される日」です。

その為チェックを付けたまま「更新」してしまうと、自動作成の機能により出勤予定が上書きされてしまいます。


この画面より手動で出勤予定を作成する場合は、「自動更新」のチェックを外した上で「更新」してください。




◉希望登録から出勤予定を作成する


シフト制の場合、本人が希望する出勤予定を [出勤予定(希望)] 欄へ入力していることがあります。

承認者は、[出勤予定の作成] 画面にて、本人の希望をそのまま反映して決定することも可能です。


「●●を超えた場合は休憩 ●●を引いてコピー」にチェックを付けて「決定へコピー」ボタンを押すと、休憩時間を考慮して、所定時間数が[決定]欄に反映されます。








「決定へコピー」ボタンを押すと、本人が希望した内容が[出勤予定(決定)]欄にそのまま反映されます。

問題無ければ、 「自動更新」のチェックボックスを外して、「更新」してください。