MINAGINEで社員のタイムカードを承認する方法をご紹介します。 


■目次

  1. タイムカードの確認画面(社員別)
  2. タイムカードの確認画面(日別)
  3. タイムカードの承認までの対応内容
  4. タイムカードの承認方法(社員別/日別)
  5. タイムカードの承認方法(一括承認)


■編集可能ユーザー:人事権限者、承認権限者


■作業ページ

タイムカードの承認処理タブ>就業管理>タイムカード>タイムカードの承認

・日別承認(処理タブ>就業管理>タイムカード>日別

・タイムカード一括(処理タブ>就業管理>タイムカード>一括


◉タイムカードの確認画面(社員別)

処理タブ>就業管理>タイムカード>タイムカードの承認 画面を開きます


承認対象の社員を選択します


③該当社員の特定の週(または月)のタイムカードをまとめて確認できます。 


※補足

画面上部のパンくずリストより「タイムカード承認対象社員の一覧」をクリックすると、

承認対象の社員一覧に戻ります

 


◉タイムカードの確認画面(日別)


処理タブ>就業管理>タイムカード>日別  画面を開きます


②[日別] 画面では、1日ごとに、部下のタイムカードを一覧で確認できます。



◉タイムカードの承認までの対応内容


◯打刻チェック


承認する場合は、最初に本人が申請(入力)された勤務時間([申請]欄)を確認します。

[打刻欄を表示] をクリックすると、実際に打刻した時刻確認をできます。





また、[詳細] ボタンを押して表示されるポップアップ画面では、打刻結果を一覧で確認できます。




◯実績コピー


次に、承認する時間を [承認] 欄に入力します。


[承認] 欄 に入力した値が、最終的な給与計算等に使用する集計時間数となります。







「承認へコピー」 ボタンを押すと、[申請] 欄 の時間を [承認] 欄 へそのままコピーすることもできます。



◯一括入力


また、承認する時刻を [承認] 欄に、一括入力することもできます。


「時刻・時間数の一括入力」ボタンを押すと、[勤務時刻・時間数の一括入力] 画面が表示されます。 




各時刻・時間数を入力し、「適用」ボタンを押すと、タイムカードに反映されます。



このように反映されます。



◯簡易計算


[承認]欄に反映された開始時刻・終了時刻・休憩時間数に問題が無ければ、「簡易計算して更新」ボタンを押して、データを確定させてください。


データが確定されると、その日の合計時間が反映されます。


◉タイムカードの承認(社員別/日別)


処理タブ>就業管理>タイムカード>タイムカードの承認 画面

 または処理タブ>就業管理>タイムカード>日別 画面より

 入力されている各時間数(勤務/遅早/時間外/欠勤など)が正しいことを確認します


②ステータスを [承認] に変更します

※画面のプルダウンを「承認」に変更すると、すべてのステータスを「承認」に変更できます


③画面上部または下部より 「簡易計算して更新」 ボタンを押します。


※画面上部の場合



※画面下部の場合 

※補足

 「申請者」にチェックを付けると、

 「連絡事項」欄が表示されるため、連絡事項を入力し、 

 自分自身と承認した部下全員にメールを送ることができます。

↓チェックをオンにすると



◉タイムカードの承認(一括承認)


タイムカードは、一括で承認することもできます。

・月単位で、承認状況/勤務時間数/残業時間数/休暇時間数を確認する

・残業など所定外の勤務がない社員を一括で承認する

といった使い方ができます。


※承認者権限ユーザーの場合

 処理タブ>就業管理>タイムカード>一括 画面よりクリックします


※人事権限ユーザーの場合

 処理タブ>就業管理>締め・計上>一括 画面よりクリックします 


画面を下にスクロールしていただくと、一覧が表示されるため、

一括承認する社員のボックスをチェックし、「一括承認」ボタンをクリックします



※補足
承認した日については、下記のように [タイムカード入力][タイムカード承認] 画面からの

時刻の入力・修正ができなくなります。

修正が必要な場合は、再度[タイムカード承認]画面より

承認ステータスを [修正依頼] または [未承認] に変更し、「簡易計算して更新」してください。


詳細はヘルプページの「承認済の勤怠を修正したい」をご参照ください