ログオンログオフ打刻のご利用には、利用申込みが必要です。申込みをご希望の場合は、以下フォームよりお申し込みください。
https://ablework.freshdesk.com/support/tickets/new

Windowsログオンログオフ打刻アプリケーションは、ログオン・ログオフ時に各クライアントPCから打刻データを送信する機能です。 

クライアントPCインストール方式でのアプリケーション導入では、Windowsコンピュータに直接アプリケーションをインストールすることで、ログオンログオフ打刻アプリケーションをご利用いただけます。

ActiveDirectoryでの方式をご利用の場合は、以下ガイドをご参照ください

ログオンログオフ打刻インストールガイド(ActiveDirectory版)



※動作要件
    .NET Framework 4.8

.NET Framework 4.8対応のOSバージョンは以下をご確認ください
.NET Framework のバージョンおよび依存関係(※外部リンク)


目次


※本説明には「Windows 10 Pro Version1909」の画面を使用しています。 



インストールファイルの構成の確認

  1. この記事の最下部に添付されているzipファイルをダウンロードし、解凍してください
  2. 弊社導入担当より送られてくるMngnTimeOptions.configファイルをダウンロードし、Setupフォルダ内に保存してください
  3. 念の為、以下ファイルが同じフォルダ内に配置されていることを確認してください
    • MngnTimeSetup.bat
    • Setupフォルダ

  4. Setup内に以下ファイルがあることを確認してください
    • MngnTimeOptions.config
    • MngnTimeUninstaller.exe
    • Setup.msi



インストール方法


  1. MngnTimeSetup.batをダブルクリックして実行してください
  2. インストールの準備が開始されます。しばらくお待ち下さい。
  3. MngnTimeCliSvcセットアップウィザードが表示されます。[次へ(N) >]ボタンを押してください

  4. インストールフォルダーを選択します。特に指定がなければそのまま[次へ(N) >]ボタンを押してください

  5. インストールの確認画面が表示されます。[次へ(N) >]ボタンを押してください


  6. インストール中に打刻テストが実行されます。
    打刻テストで問題が発生した場合、メッセージが表示されます。
    ※打刻テストに成功した場合はメッセージは表示されません
    ※打刻テストに失敗しても、インストールは取り消されず実行されます


  7. インストールが正しく行われると、インストールの完了画面が表示されます。[閉じる(C)]ボタンを押してください


  8. PCを再起動してください。


以上の設定で、自動で打刻データが送信されるようになります。




再インストール方法


レジストリの破損でシステム自体のログが出力できない場合や、

レジストリ内容を修正する場合再インストールが必要になります。


以下手順にて再インストールをお試しください。

  1. コントロールパネルより、プログラムの追加と削除を表示
  2. MngnTimeCliをアンインストール
  3. PCの再起動を行う
  4. 再度インストールを行う
  5. 再度、PCの再起動を行う